PRIERE(プリエール)

記事一覧(3)

病院に行く

毎年2回〜3回 伺う病院診療ではなく新入社員研修や、接遇研修、医療倫理研修などこの数年とてもお世話になっています毎回笑顔で迎えてくれる事務局のスタッフ皆様特にTさんの笑顔は格別にホッとします   帰りにおやつをもたせて下さいました!   嬉しい〜♪講義前後にお付き合いくださる事務長とのお喋りも楽しみのひとつ。わたくし この日に備えて美容院に行っておいたのですが今回、前髪を切りすぎてしまったのです『次回は前髪が伸びたころですね』と次回のご依頼をいただだき大笑い事務長 ナイス!さて、帰りましょうと外に出るとちょうど、研修を全て終えた新人さんたちがぞろぞろち戻るところ手を振って見送ってくれました嬉しいものです。接遇研修って、目新しいことなどありません挨拶しましょう返事をしましょう笑顔でいましょう言うは易しの「あたりまえ」そんな「あたりまえ」をいかに「あたりまえに実行するか」なんですよね。いかに行動に起こし継続するか。結構 難しいものですよ?私は、接遇はスキルだと考えています習慣にする仕組みづくりを提案していますいつもいつも心を込めて感じよく!なーんて 疲れない?黒いこともペロッて言っちゃう。心からのおもてなしはとても素敵♡できる人はしたらいい。でも「出来る人」に依存する組織は危険だと私は考えます「自然に出来ない人」に無理強いしてもストレスがたまるし、ストレスはウィルスみたいに広がっちゃう!いいよ。無理に笑わなくて。でもね、感じ悪いのはマナー違反よ?八つ当たりとか感情だだ漏れは大人のすることじゃない。感じ悪くしないのも仕事のうち。感じが良いと仕事が廻る楽しくラクになる不思議体感してもらえたらいいな。例えば、スタッフに非はなくても患者さんが怒り出したり感じ悪かったりする理不尽なこともありますよね。けれど、一度は振り返ってみてほしい。私のマナーどうだったかな?相手を思いやった行動を取れていたかな?振り返って非がないのであれば堂々としていればよろし。そう思いますよ。そんな応対に興味があるスタッフさん、事務長さん、院長先生ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。